給湯器の不具合とは

給湯器の調子が悪い時は

トップ

給湯器の交換費用について

給湯器の寿命は平均的に10年から15年と言われており、使用して10年を超えたら交換や修理を考える必要があります。種類や設置方法により工事費用は異なりますが、概ね安くて6、7万円、高い製品だと数十万円を超える場合もあり、一概に言うことができません。もちろん寒い冬の時期に故障してしまった場合などは、お湯が出ないと非常に不便です。賃貸であれば管理会社に連絡をしてすぐに直してもらえばよいですが、マイホームであれば、ある程度の機器の寿命を予測して、事前にいくつかの業者に見積もりを取るなど準備をしておけば、あせって相場より高い業者に依頼せずに給湯器を交換することができます。

給湯器の交換のタイミング

給湯器の寿命は十年から十五年と言われています。そしてその交換のタイミングを知ることが出来るサインが幾つかあります。お湯の出が遅くなる場合、冬場など寒い時期になると着火までの時間がかかってしまう場合、そしてすぐにお湯が出ない場合が主なサインで、こういった症状が出た場合にはまずはすぐにガス会社などに連絡を取り一度点検をしてもらう必要があります。そして十年を超えてしまうと部品などがなくなってしまっている型のものもありますので、そうなってしまった場合は交換する以外に方法はありません。年数が経ち、先のような症状が出ましたら給湯器を替える時期が来たと考える必要があります。

給湯器の交換に関する情報

  • 生活に必要な給湯器