給湯器が故障した時は

給湯器を修理するには

トップ / 給湯器を修理するには

賃貸で給湯器が故障した場合。

賃貸契約で家を借りている場合、給湯器などが故障してしまったら、まずは家主や管理会社に連絡してみましょう。借りた側の明らかな過失による故障の場合は、自分で修理費用を出さなければなりませんが、通常どうりに使用していてお湯の温度が上がらないなどといったトラブルは、給湯器が老朽化していることが原因の場合も多いです。私たちが払う賃料には、きちんとした設備が整っていることが条件となっているので、そういった家主側の問題は早急に解決してもらう権利があります。また、賃貸契約書にはこのような事項がきちんと書かれているので、確認してみましょう。

賃貸物件で故障の正しい対処

賃貸物件に入居していると、様々な生活の不具合が出てくるものです。給湯器の設備故障が起きた際の対処方法は、まず基本的に建物および住戸内の設備全般は大家が所有者という点です。住居人はあくまで賃貸契約を結び専有部として生活していける権利があるというだけです。また大家と契約者は直接契約及び交渉を行う事は出来ませんので、故障や破損などのトラブルが発生した場合には管理会社へ連絡して下さい。とはいえ給湯器のトラブルによっては火災の懸念もある為、同時にガス会社等に連絡を入れておかれると良いでしょう。設備の修理となる場合には管理会社の指示を仰いで下さい。

給湯器の交換に関する情報

  • 生活に必要な給湯器